Works

実績紹介

TGCOMがご協力させていただいた、
さまざまなコミュニケーションをご紹介します。

岐阜県産材PR施設 台北デザインマテリアルセンター(TDMC)展示プロデュース&台湾×岐阜 オンラインセミナー・商談会

岐阜県

企画背景

台北現地での商談会等が実施不可に

東京ガスコミュニケーションズは岐阜県からの依頼を受け、県産材の台湾への輸出拡大のため、2018年に台北デザインマテリアルセンター(以下TDMC※)に岐阜県産材製品をPRする展示場「GIFU Taipei Wood Style」をオープンした。常設展示だけでなく、毎年TDMCのプロ会員(設計士・ビルダー等)向けにセミナーや商談会を行い、岐阜県と台湾をつないできた。
しかし、2020年は新型コロナウイルスの影響により、台湾への渡航が困難になり現地での実施が困難な状況となったため、急遽オンラインでの対応を検討した。

※TDMC…東京ガスコミュニケーションズがプロデュースに関わり、2016年11月に台北市内にオープンし、住関連の建材や家具にまつわる約30のショールームが集結した、台湾唯一の複合型住関連ショールーム施設。

プロジェクトの目的・目標

県産材をPRし輸出拡大へ

台湾の建築士・デザイナー・企業に向けた岐阜県産材の認知拡大と直接的な商談の場、台湾での木材マーケットのトレンドを理解し、木材製品の輸出拡大に寄与することが目的。セミナーの前半に「文化・観光・食」の岐阜県全体のPRを行い、台湾の人々へ岐阜県を認知してもらうことを副次的な狙いとした。国産木材の需要が増えず、各自治体は林業を取り巻く課題が年々大きくなってきている。岐阜県が先駆者となり、国内の需要だけでなく海外に目を向け、国産木材の需要と輸出の増加に寄与させる。

実施内容

TDMCと連携した現地展示プロデュース&台湾と岐阜を繋ぐオンラインセミナー・商談会を開催

TDMCは東京ガスコミュニケーションズとコンサルティングパートナーの関係にあり、遠隔指示を受け、展示設営や運営を現地で行っている。「GIFU Taipei Wood Style」は岐阜県木材関連企業7社が共同出展をし、各社の製品・商品がバランスよく展示され、年間2000人(2020年)の来場や製品に関する問い合わせが多数入っている。
2020年は新型コロナウイルスの影響により現地での商談会開催が困難なため、ビデオ・Web会議アプリケーション「zoom」を使用した「オンラインセミナー&商談会」を開催。TDMCと岐阜県商工会議所をリモートで繋ぎ、同時通訳を介し、対談形式のセミナーを開催。その後ブースを3つに分けて岐阜県木材関連企業と台湾プロ会員がダイレクトで話ができるオンライン商談会を実施した。
セミナーでは「台湾における木製品デザインの考え方について」というテーマで台湾のデザイナー 朱志峰氏と日本の建築家 虎尾亮太氏・謝欣芸氏が対談し、内装材や家具・小物など木製品を取り入れた生活を提案した。また、岐阜県企業からの自社製品プレゼンテーションの時間も設け、県産材の具体的な活用方法をPRした。

結果・効果

「GIFU Taipei Wood Style」に年間約2,000人が来場し、具体的な商談については、岐阜県の各木材関連企業へ情報リレーを実施。展示会のように一過性で終わらない常設展示拠点の価値をご理解され、岐阜県は2021年度も継続出展を決めた。
オンラインセミナー・商談会は定員数である50名が参加し、9割近いプロ会員が「機会があれば製品を使用したい」との声もあった。オンライン上でのダイレクトコミュニケーションは、コロナ禍でも成果のあがる商談会として、今後の可能性を広げた。

Contact Usお問い合わせ

弊社へのご相談、ご依頼は下記フォームよりお問い合わせください。
ご協力いただけるパートナー企業のお問い合わせも受け付けております。

StrengthTGCOMの強み

3つの分野

3つの分野

東京ガスグループとして活動してきた実績から、「エネルギー」「食」「住」という3つの得意分野が生まれました。
人々の生活を支えている根幹であり、企業が生活者にアプローチするための基礎となるこれらの領域において強みを発揮しているからこそ、私たちのコミュニケーションは、幅広い生活者にリーチすることができるのです。

Read more

トータルプロモーション

トータルプロモーション

多様なステークホルダーとの接点事業を通じて培ったノウハウを軸に、価値ある調査、効果の高い戦略立案を実行します 。
コミュニケーションゴールの設定から実行まで、プロモーション・ブランディングなど目的に合わせ、最適な戦略を導き出します。

Read more